日本PAS協会について    お問い合わせ

日本は、1965年(昭和40年)には1人のお年寄りを約9人で支える『胴上げ』型の社会でしたが、

今や支え手が3人弱に減少する『騎馬戦』型の社会になりました。今後も支え手の減少は続き、

2050年には1人が1人を支える『肩車』型の社会になることが見込まれています。

こうした社会の変化を踏まえ、給付・負担を人口構成の変化に対応したものとすることや、

支え手を少しでも増やす努力として、子ども・子育て支援や高齢者が長く働き続けられる

環境づくりなどが必要です。

 

政府広報・内閣官房作成パンフレット『明日の安心 社会保障と税の一体改革を考える』より


 トップページ確定拠出年金について福利厚生型 確定拠出年金”年金くん”とは少子高齢化の現状

 クロス・ヘッド 総合型の概要全国アドバイザーネットワークよくある質問Q&Aお問い合わせ日本PAS協会について

Copyright(C) 株式会社日本PAS協会  All Rights Reserved.